きらっと★ユメミタビ

人生にもっと輝きを。旅、料理、読書、ものづくりなど、日々の体験や想いを綴ります。

天然酵母は身体にいい??

天然酵母は身体にいい??
そんなイメージを持っている人は多いと思います。
私もその内の1人でしたが、
「なんとなくいい気がする」だけで説明できなかったので、
この機会に調べてみました。

結論から言うと、
天然酵母は人間にとってのパンの害を減らすことができる」
というのがいちばん近いかな?
という今のところの見解です。


『パンと牛乳は今すぐやめなさい!』
という本の登場などもあり、
近年、パンや牛乳が身体に悪いという説が強くなっています。

ざっくり言うと、
パン(小麦)に含まれるグルテン
牛乳に含まれる乳糖などは
人間が消化しにくいものであるため、
それによって健康が損なわれる恐れがあるということだそうです。


上記の話題は最近盛り上がってきていますが、
そもそもの話になりますと、
ブーランジェリー・ドリアンさんの
『捨てないパン屋』という本にて、
パンと我々人間のご先祖さまとのお話が紹介されていました。

そもそも生命はみな、子孫を残し、未来へ繋いでいくもの。
だから、小麦だって「消化されてたまるか!!!」って感じで、
グルテンは人間に消化できず、
でも人間も生きるために
「小麦を消化して生き延びるぞー!!!」
てな感じの戦いの末、
「発酵」という技によりグルテンを分解して、
パンとして美味しく食べる方法を編み出しました。

もちろん昔には化学培養のイースト菌なんて存在さないので、天然酵母による発酵です。

天然酵母は自然界に存在する菌から作られる酵母で、酵母菌や乳酸菌をはじめ、複数種類の菌を含んでいます。
この天然酵母の中に存在する「乳酸菌」。
これがグルテンを分解して、パンを人間にとって消化しやすいものにしてくれます。
さらに、グルテンを分解する過程で、旨味成分であるアミノ酸を生み出し、パンをより味わい深くおいしいものにしてくれます。


一方、イースト菌とは、
パンづくりに有用とされるザッカロミセス(酵母菌の一種)を化学培養して作った酵母のことです。
イースト菌を使うと、ふわふわで、小麦の風味がたっぷり残ったパンが短時間で焼けます。
パン作りに有用な酵母菌を集めているので、
発酵力が強く、ふわふわなパンを短時間で焼けるのです。
しかし、イースト菌には乳酸菌が存在しないので、グルテンの分解がされず、焼きあがったパンの中にグルテンが残ってしまいます。
(グルテンの分解がされないので、味だけで言うと小麦の風味を維持したおいしいパンになります。)

ちなみに、牛乳に関してもパンと同様、
チーズやバターなど、発酵させることによって、
牛乳そのものよりも消化しやすくなるそうです。


話が長くなりましたが、キラパンでは現在、
下記の自家製酵母を使用しています。
・レーズン酵母
ライ麦酵母

ドリアンさんの『捨てないパン屋』の中には、
昔ながらの小麦を使った酵母に乳酸菌が多く含まれる旨が書いてありました。
(確かに、キラパンのライ麦酵母も舐めてみると爽やかな酸味がして、焼き上がりのパンにも酸味を感じられます。)
フルーツ種(レーズン酵母など)には、基本的には乳酸菌が存在していない旨も書かれており、
少しガーンとなったのですが、
ドリアンさん以外の情報も色々と調べてみたところ、
レーズン酵母にも酵母菌と乳酸菌が含まれていると書いてある情報が複数見つかりましたので、レーズン酵母にも乳酸菌がいる説を私は信じたいと思います!
(日々食べている私が健康なので、
これからも実証を続けていきます!笑)


情報で溢れ返っているこの世の中。
良いとか、悪いとかたくさん言われますが、
食べ物や食べ物に携わる方々に感謝して、
自分の身体が欲するものを、
自分自身が美味しいと思うものを、
選んでいきたいな、と思います♪


f:id:kirarin87suke:20220312001415j:plain

本質

日々、黙々とコツコツと積みあげていく。

作りたいものを作るために、
より良いものを作るために、
理想に少しでも近づくように、
夢に少しでも近づくように。

理想があるから、
思うようにできないとくやしい。
近づいては遠ざかり、
喜んでは落ち込んで、を繰り返す。

それでも諦めず積みあげていく。


時々、新しいものと出逢えるときがある。
特にだれかの価値観・人生観・生き方に
触れられる瞬間はこの上ない。

また戻って自分と向き合う。

それは時には苦しくて、
それは時には集中と心地よさすらある。


そしてまた積みあげていく。




[ ]

感化されたものは感化できる!

ひすいこたろうさんの手帳にある
毎月のワークを楽しみにしてる。

2月のワークは、
「あなたが憧れている人、尊敬する人を思いつくままに書き出してください。そして、どこに惹かれたのか、それぞれノートに書き出してください。」
という内容。


私が書き出した人は、以下の通り。

・漫画フルーツバスケットの透くん
→言葉で人を癒し元気にする。天然で「普通」に囚われていない。

・お洒落スペースを運営している女性
→丁寧な暮らしが外見にもにじみ出ている。センスの良い素材の服。品があり、やさしいほほえみ。

・パン屋タルマーリーさん
→たくさんの菌と仲良く、ユニークなパンを焼いている。

・前の勤め先の専務
→いつまでも元気に楽しく学んで生きていらっしゃる。品があり、やさしい。でもお茶目で親しみやすい。暮らしを大切にしている。

・学生時代のバイト先の大将
→丁寧な仕事。愛をもって接してくださる。

・学生時代の最寄り駅の靴磨き職人
→道行く人に笑顔で気持ちの良いあいさつを毎朝している。



ここからなにが見えるのか?というと、
「惹かれたポイントが、全部わたしの才能で、
感化されたものは感化できる、影響を受けたものは、影響を与えられる」
のだそう!!!


...ということは、
自分にないものだと思っていたことが、
すでにそうである、または、そうなれる才能があるってこと!!?

そう考えるととってもワクワクしてきて、
まだ遠い憧れの存在だと思っていた人々が、
急に身近に感じられた。


もともと影響されやすい私だけれど、
なりたい部分はどんどん影響されていっちゃおう!



[ ]

酵母と酵素

酵母酵素、一文字違いで似ているようだけれど実は別物。
自分できちんと説明できるように備忘録。

酵母
単細胞性を示す真菌類の総称。生き物。

酵素
生き物の体内でさまざまな化学反応を起こすタンパク質。物質。


➡︎酵母(生き物)の体内に酵素(タンパク質)があり、それでいろいろな化学反応が起こって、パン作りなどができる!

パンづくりと硬水・軟水

お水とパンの関係についての備忘録。

硬水
・ミネラル分が多い
・ヨーロッパの水
・生地の引き締め効果。(塩にも生地の引き締め効果あり)
グルテン強くなる。ひきが強く噛みごたえのある生地に仕上がる


軟水
・ミネラル分が少ない
・日本の水
・生地がベタつきやすい→グルテン弱い。ふわふわで柔らかい生地になる。

夢を叶えるパン屋

2022年も「夢を叶えるパン屋」であり続けます。

ご縁ある大切な人たちに元気をあげて、背中をポンっと押してあげられるような存在であるように。


それは、「夢を叶えてあげる」なんていう神様的存在ではなくて、
私自身がただただ「夢を叶えている」のだ。


心軽やかに
心地よい場所で
大好きな人たちとともに
やりたいことをやっていて
にこにこと毎日を過ごしている。


手取り足取り教えるわけでもない、
あーしなさい、こーしなさい、と口酸っぱく言うわけでもない。
ただただ、夢を叶えながらにこにこと存在するだけ。



「ただ笑ってるだけでうまくいく自分を受け入れ認めゆるし愛しています」



f:id:kirarin87suke:20220104133902j:plain

「えらばなかった道」は

母と長女、ふたりきり。
旅へ出かけた。
記憶の範疇では、初めてのことだ。


母は頑固な人だから、
行きたい場所に、食べたいものに、買いたいものに、
どんなにハードスケジュールになるかと思ったら、
思いの外まったりとゆったりとした旅だった。


まだまだ若いし元気なのだけど、
会う度に小さく、ゆっくりになっていく、
そんな気がする。


コロナ禍でほとんど地元から出ていない母が、
自分から「次女のアート作品を観に行きたい!」
と言ったのは珍しいことで、
都合がつかず次女本人とは会えなかったのだけれど、
それでもせっかくの機会だから、とふたりで行くことに決めた。



頑固だけれど、天然でミラクルに笑かしてくる母。
改札に3回も引っかかったり、
酒粕洗顔フォームを酒粕パックと間違えて泡泡でじっとしていたり、
エレベーターでおじいさんを挟んでしまったり…😂😂😂



宿泊したホテルがとても良いホテルで、
なんと太平洋から出てくる朝日を見ることができた🌅
「わあ〜!きれいだね〜〜!!」
と言いながら空が明るくなっていく様を
じーっとふたりで見ているのは
ほんとうに良い時間だった。


最終日の朝は、朝風呂をしながら、
日の出を待つことに。
…が、暑くなってお日様より早く、
お風呂から出る。


お風呂の帰り、メッセージが書かれた旗が
外でヒラヒラとはためいている。
「えらばなかった道」
と書いてある。
「これもアートのひとつなのかね〜?」
と真正面から見てみる。

すると、ちょうど地平線と重なるところに、
「えらばなかった道」があって、
その後ろがパーッと明るくなってゆく。


アートには疎いが、これには
強いメッセージを受け取らざるを得なかった。
見る人や見るタイミングにとっても
たくさん、違ったメッセージを受け取れるのではないかと思う。



私は、今このタイミングで、母と一緒に見た。
「えらばなかった道」と朝日がちょうど重なった。
ヒラヒラはためく旗から、ちらっちらっと眩しい朝日が顔をのぞかせる。

「あなたが『選ばなかった道』は、本当はこんなに輝かしいものだったんだよ。だからやりたいことを選べば良かったんだよ」


いや、違う。


「『選ばなかった道』は、ないんだよ。あなたはやりたいことを選んできて、これからもいつでも選べるんだよ」



長い間ずっと自分に夢がないことを
母のせいにしてきた。
ちょっとやりたいことを言ってみても
「でもそれは残業が大変なんじゃない?」とか
「それになるためにはツテが必要なんじゃない?」とか
難しいとか、できないとか、と否定され(るような気がし)たから。

いつしか本当にやりたいことではなく、
自分ができそうなことの中で嫌でなくて、
周りからも賛成してもらえるようなことの中から、
将来を選択するようになった。


無邪気に「〇〇屋さんになりたい!」と
いろんな夢を言えていた頃。
今は驚くべきことに、その中の1つの
パン屋さんになっている。


ホワイト会社のOLを辞めてパン屋になって、
1年ちょっと。
そんな今、母と共に2人旅。


今思えば、
選ばせてもらえなかったことはなくて、
たくさんの習い事をさせてくれて、
大学やはじめての就職が決まったときも喜んでくれて、
転職にはちょっと心配してくれたものの、
今ではパン屋さんも応援してくれている。


「選ばなかった道」はない。
いままでも自分で選んできた。
いつでも自分で選べる。
これからも、なんでも、自分で選べる







f:id:kirarin87suke:20211221152523j:plain